紫や薄いブルー、ピンクなど特有のカラーバリエーションで人気のあじさい。日本では6月の花を代表するイメージがありますよね。雨の音に包まれて咲き誇る様子には風情があり、心をすっきりと晴らしてくれるようです。今回はあじさいについてまとめてみました。

あじさいの花期っていつ頃?カラーバリエーションは?

あじさいの花を楽しめる時期は一般的に5~7月です。季節になると1~2m程度の低木に、紫を基調に展開した赤紫から青紫の他ピンクや白などカラフルな花を咲かせます。色とりどりというよりはそのまとまりのある色合いが、あじさいらしい美しさといえるかもしれません。
よく見ると1つの株の中でもカラーに微妙な違いがあり、全体で見たときに優しいグラデーションになっています。株が植わっている土壌が酸性かアルカリ性かで花の色に変化があるとされています。また咲き初めから終わりに掛けて色が変化していく株もあり見ていて飽きません。このようにあじさいの色にはたくさんの魅力が詰まっているのです。

あじさいの花と思われている部分は「ガク」

あじさいの花と思われる部分は実は「ガク」の部分です。いわゆる「装飾化」とよばれるもので本当の花の部分「真花」はガクの中心にある小さな丸みを帯びた粒のような部分に当たります。
そしてあまり知られていないようですが、アジサイには毒があります。季節を表すためにお料理に添えられることもあるようですが決して口にしないようにしてくださいね。

あじさいを楽しめる場所

全国各地の寺院や大きな公園の中には、あじさいで人気になっているスポットがあります。古くよりお寺の周辺で植えられていることも多く、あじさい寺として地域で親しまれているところもあるようです。見頃時期にはたくさんの観光客や参拝客、ハイカーが訪れることからもわかるように、みんな大好きな季節を代表する花といえるでしょう。寒椿、梅、桜、つつじ、そしてあじさい…こうやって花で次々と季節の移ろいを感じることができるのは日本ならではですね。

紫陽花の字、花言葉

あじさいは紫陽花と書きます。この字を見て「あじさい」と呼ぶのはなかなか難しいかもしれませんね。その昔中国の詩人が日本に咲くあじさいを見て「紫陽花」とよんだのが始まりといわれているようですがなんとも美しい字の並びだなぁと感じます。
それでは次にあじさいの花言葉を見てみましょう。
紫陽花の花言葉として代表されるものが「移り気」「無常」。中には「浮気」なんてものもあるようです。いずれもその微妙な色の変化から表現した花言葉のように感じますね。
そしておもしろいのがあじさいには花の色ごとに別の花言葉が存在するというところ。「青→辛抱強い愛情、白→寛容、ピンク→元気な女性」。あじさいの時期に日本では母の日を迎えますが、贈り物としてピンクのあじさいが人気なのも花言葉がルーツのようです。
またあじさいは花の形から家族がギュッと集まっているように感じられます。「家族団らん」「仲良し」といったキーワードを連想する人も多いとか。こうしてみるとカーネーションと並んであじさいが母の日の贈り物として人気なのも納得ですね。

ドライフラワーにもおすすめ

最近あじさいの花を切り上げてドライフラワーを作り、楽しむ人が増えました。独特の色合いにはナチュラルな雰囲気があり、一輪でもステキに仕上がるのがポイントです。
勿論リースやスワッグなどに仕立ててもオシャレです。ただしドライフラワーに向いているあじさいとそうでないものがあります。一般的に秋色あじさいと呼ばれるものやアナベルという品種はドライフラワーに仕立てやすいとされています。ドライフラワーにすると生花とは違った味わいを楽しめるほか、長く鑑賞することができます。ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。

外国の風情が漂うあじさい「アナベル」

それではアナベルとはどのようなものでしょうか。たくさんのある品種の中でも近年人気のある品種がアナベルと呼ばれるあじさいの仲間です。
咲き初めはライムグリーン。時期を経てホワイト。そして落ち着いたグリーンへと変化していきます。ホワイトになるころにはボリュームもありとても華やか。ですがナチュラルさも併せ持つ不思議な魅力があります。また剪定が簡単で育てやすく、耐寒性耐暑性に優れているのもポイントです。

あじさいカラーのピアス

移り気とも呼ばれるあじさい。そんな繊細で絶妙なカラー配色はまるでジュエリーの輝きのよう。ピアスにも紫をベースとしたあじさいカラーのジュエリーがたくさんあります。

K14WG アメジスト ロンドンブルートパーズ アイオライト 淡水真珠 ピアス

こちらは繊細なカラーの移り変わりが楽しめるピアス。優しい雰囲気の中にも数種類のジュエリーが組み合わさった華やかさがあります。紫からブルーへのデリケートな移ろいにパールが組み合わせることで芯のある輝きに。また形をそれぞれ変えてあるためきらめきに変化が生まれています。適度な大きさがさりげなく身に付けるのにちょうど良いデザイン。雨の日がハッと輝くようなジュエリーです。

まとめ

いかがでしたか?雨が多くなりがちなあじさいの季節。大株のあじさいがシトシトと雨を受けて咲き誇る様子は全体の雰囲気と合わせて楽しみたいものです。雨の日にあじさいカラーのジュエリーを身に付けて足を運んでみてはいかがでしょうか。