お子さんの学校生活最後の日、卒業式。母親としては成長が感じられる一日だと思います。
一方で、特にはじめて卒業式に参加される方にとっては「何を着ていけばいいのかな?」「この服装マナー違反じゃないかな?」と不安いっぱいではないでしょうか?

そこで、今回は卒業式にはどんな服装が良いのかということと、それに合わせたアクセサリーの選び方を解説します。

卒業式に最適な服装とは?

基本的には卒業式は正式な式典なので、保護者もフォーマルな格好をするべきです。
入学式はわりとピンクやベージュなど明るめのジャケットを着用する方も多いのですが、卒業式は比較的落ち着いた黒や紺、グレーなどのスーツを着用するのが望ましいとされています。

ただし、校風によっては「明るい色でお祝いしよう」という学校もあります。もし先輩ママがいたら、どんな感じか聞いてみるのも良いかもしれませんね。

情報がなければ、落ち着いたカラーの服装が無難です。

基本的にはフォーマルスーツで、フレアスカートが上品な印象を与えるのでおすすめ。足元はパンプスに、ストッキングは肌色のものを選ぶとスマートな印象を与えられます。

少し地味だと感じたら、コサージュがおすすめ。胸元をパッと明るくしてくれます。濃い目の色のジャケットには、ホワイトや淡いイエロー、ピンクなどのコサージュがぴったりです。

卒業式のアクセサリーの選び方

気になるのはアクセサリー。フォーマルな場なので、あまり派手になりすぎず、上品なものを選ぶのがポイントです。

ネックレスはパールが主流。冠婚葬祭でも使える一連のものが好ましいと言われていますが、二連のものでも問題ありません。
特に黒のスーツだとお葬式のようになりがちなので、二連のものや少しデザインが凝ったものを選ぶのも良いかもしれません。

ちなみに二連のパールネックレスは、「幸せを繰り返す」という意味合いがあるので、晴れの日を祝福するのにも良さそうですね。

ピアスやイヤリングなど、イヤーアクセサリーもパールネックレスに合わせてパールのものを選ぶと良いでしょう。

卒業式にふさわしいイヤーアクセサリーとは?

「耳元を個性的に飾りたい」という方もいらっしゃるかと思いますが、服装が全体的にシンプルなのに大きすぎるジュエリージャラジャラをつけていてはミスマッチを起こしてしまいます。
卒業式に出てみると、全体的にはシンプルにまとまっているのに、耳元だけ派手なアクセサリーをつけていて浮いてしまっている方をよく見かけます。

意外と耳元は鬼門で、アクセサリー選びが難しいのです。
そこで、ここからは卒業式にふさわしいピアス・イヤーカフを見ていきましょう。

アコヤ真珠 ピアスキャッチ

ピアスをすでにお持ちなら、ピアスキャッチが手軽です。6mmのアコヤ真珠を使った、1粒タイプのピアスキャチ。シンプルで上品に耳元を彩ってくれ、パールネックレスとも相性バッチリ。卒業式に着けて行っても間違いない一品です。
アコヤ真珠 ピアスキャッチ

K18PG 淡水真珠 ピアス

ちょっとオシャレを楽しみたいという方にはおすすめです。純白に輝く淡水真珠を使い、上品に輝く18金ピンクゴールドが、エレガントな耳元を演出してくれます。
曲線の美しい造形は主張しすぎない個性が感じられます。

卒業式の服装は全体的にシンプルになりがちなので、耳元で程よいアクセントがつけられるでしょう。
K18PG 淡水真珠 ピアス

Pt900 アコヤ真珠 8mm 一粒ピアス

先程ご紹介したピアスキャッチよりも1回り大きい8mmの一粒タイプ。こちらはピアスキャッチではないので、ピアスも付属します。
清楚に輝くアコヤ真珠はフォーマルな服装にぴったり。女性の気品をしっかりと引き出してくれます。

地金はプラチナPt900を使用していて、見えにくい部分にもこだわりを感じさせます。もちろん、「Pt900」という刻印が入っているホンモノです。しっかり留められるダブルロックキャッチを採用しています。
Pt900 アコヤ真珠 8mm 一粒ピアス

K18YG アコヤ真珠 イヤーカフ

3mmのアコヤ真珠が6つ使った、シンプルながらもインパクトがあるイヤーカフです。ピアスホールが空いていない方も装着ができます。アコヤ真珠が連なっているので、パールネックレスとの統一感もバッチリ。地金には18金イエローゴールドを使っていて、さり気ないゴージャス感も演出することができます。
K18YG アコヤ真珠 イヤーカフ

卒業式は最高の装いで、子どもの門出を祝いましょう

卒業式の服装が決まれば、だいぶ不安も解消されることと思います。

卒業式は今まで頑張って遂げてきた成長と、新しい門出を祝うセレモニー。子どもにとっては一生の思い出となります。
子どもの門出を祝うには、保護者も恥ずかしくないような服装を心がける必要があります。

そのために、今回の記事が参考にしていただければ嬉しいです。