グレース・ケリーという女優をご存知でしょうか。同時代のマリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンに比べると、作品数も少ないので誰?という方もいるかもしれません。
しかし作品数は少ないのに、いまだに世界中にファンが存在しています。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画に出演したことで世に知られるようになったグレース。実のところ、女優としてよりも、モナコ公妃としての方が有名かもしれません。そう、グレースは、そのプリンセスストーリーで一躍、女性の羨望の的となった存在だったのです。
グレースのプリンセスストーリーは当時、世界中で大きな話題になりました。今ではイギリス王室など、民間の女性と王族の男性が結婚することも珍しくなくなりましたが、当時はまだまだそういった事例は少なく、人気女優が公妃になることに世間は驚いたのです。
数奇な運命をたどったグレース。その魅力について調べてみました。

クールビューティーの名を馳せたグレース

グレースは1929年フィラデルフィア生まれのアメリカ人です。父親はスラムの出身でしたが、やがてボート競技で頭角を現し、富豪となりました。母親はドイツ系の元モデルで大学講師でした。
内気な少女だったグレース。ダンスやピアノを学んでいるうちに演劇に興味を示すようになり高校を卒業後、家族の反対を押し切ってニューヨークに行き、モデルのアルバイトをしながら、演技の勉強をしました。
20歳のときに舞台「父」でブロードウェイデビューを果たし、舞台女優として今後が期待されましたが、ハリウッドから誘いがあり、22歳の時に映画デビューをします。それがきっかけとなって、映画女優として有名になりはじめます。
アルフレッド・ヒッチコック監督のお気に入りで「ダイヤルMを回せ」「裏窓」「泥棒成金」のヒロインとして出演しました。
当時はマリリン・モンローのような妖艶な女性が好まれましたが、グレースの気品ある美しさに注目が集まり、「クールビューティー」の名で親しまれました。ヒッチコックはグレースを「雪が覆う活火山」などとその熱いものを秘めた美しさを称しています。
25歳の時に出演した「喝采」という映画でアカデミー賞を受賞し、人気女優として、確固たる地位を築いていた頃、カンヌ国際映画祭の企画でモナコのレーニエ大公に出会います。ふたりはカンヌで2時間対話し、それがきっかけですっかり意気投合したのです。
レーニエ大公はその年の12月にニューヨークに渡り、クリスマスの夜ついにグレースにプロポーズしました。
実は占星術師に、とても地位のある方と結婚する、という占いをされたことがあったグレースはレーニエ大公こそ、自分の夫となる男性だと直感した、という逸話もあります。なによりも自分の直感を大事したグレースは、二度しか会ったことのないレーニエ大公と結婚する意思を固めます。
その気品溢れるクールな容姿とは裏腹に、とても恋多き女性だったグレース。ゲイリー・クーパー、クラーク・ゲーブルなど、年長の男性と恋に落ちることが多かったのは、父親が自分に冷淡であったからとされています。
父親からの愛に恵まれなかったグレースは自分の家族をとても大切にしました。三人の子供をもうけ、公妃でありながら自分でできるかぎり子育てをし、とても幸せそうに見えたのですが、実のところ、レーニエ大公の浮気などで、晩年はさみしい思いをしていたようです。
グレースは1982年に自動車事故で52歳という若さで亡くなっています。

ファッションアイコンとしても注目されました

エルメスの有名なバッグ「ケリーバッグ」を知っている方は多いと思いますが、そのバッグの名前の元になったのはグレース・ケリーだということをご存知でしょうか。
グレースは1957年に長女の妊娠をマスコミに悟られたくなくて、お腹を大きなエルメスのバッグで隠したそうです。その後そのバッグが有名になりケリーバッグという名前で親しまれるようになりました。
グレースは華美なファッションを好みませんでした。あからさまにセックスを強調するようなメイクやファッションより、それを暗示させるような控えめな服装を好みました。そのようなファッションや姿勢などがモナコの国民から愛されたのです。
晩年のグレースのさみしい心を慰めたのは、子供のころから好きだった花や植物でした。森を散策するなど、自然に身を置くことで心を癒していたようです。1966年にモナコでフラワーショウを開催したことがきっかけで、日本の「ポートピア81」に参加するために来日もしています。日本庭園をモナコに作ることを熱望していましたが、死後実現し、1994年から開園しています。

短くも美しく燃えたグレース

女優時代はわずかに11本の映画に出演したグレース。活動したのも20歳から26歳の6年間でした。しかし、その存在感は無二のものです。
ヒッチコック監督の「裏窓」でみせた現代的で若々しいグレースは今観ても新鮮です。DVDなどでご覧になれば、今の女優にはない、本当のスター性を感じとることができるでしょう。
グレースの婚約指輪はダイヤモンドだったとか。草花を愛したグレースにちなんで、あなたのプリンセスにフラワーモチーフのジュエリーをプレゼントしてはいかがでしょうか。グレースよりも必ずしあわせにするよ、という一言もそえて。
心葉 ダイヤモンド フラワーネックレス K10