今年の母の日は何をしようか決めていますか?
子供のころは些細なものをあげたこともあったけど、大人になってからは何もしていないという人は多いんじゃないでしょうか。

小学生のころなんかは、お母さんの絵を描いたりしていましたよね。
今じゃもう会うことも減ったし、わざわざ何かするのもなあと思ってしまうのが自然です。

でもそんな今こそ、母の日をもう一度「特別な日」にしませんか?

・母の日に久しぶりに何かしたいけどどうしよう‥
・なかなかいい演出が思いつかない
・何を贈ればいいかわからない

こんな人には是非ジュエリーを贈ることをおすすめします。
今回は、母の日にぴったりなジュエリーの話です。
大人になった今だからこそ、上質なジュエリーを贈ってみませんか?

母の日にジュエリーを贈る意味とは

大人になってから親にプレゼントをあげるなんてちょっと恥ずかしいですよね。
でもそんな年齢になったからこそ、母の日を大事にしてください。
ジュエリーを贈ることには色んな意味があります。
きっと、今のあなたの気持ちを伝えてくれるはずです。

1人の女性であってほしいという思い

長い間、家事に育児に走り回ってくれていた母親。
でも忘れてはいけないのは、母親も1人の女性だということ。
今だからわかる苦労や我慢がありますよね。
今までよく育ててくれたね、そんなねぎらいの気持ちを伝えるのにジュエリーはぴったりです。
「女性としてもっと自分のことを考えてほしい」という感謝をかたちにしてくれます。
K18WG アクアマリン 0.96ct ダイヤモンド ピアス

身に付けるものを贈りたい

女性にアクセサリーを贈る意味としてよく知られているのは、そばにいたいというもの。
ジュエリーに限らず、身に付けるものというのは相手を見守りたいという思いを乗せています。
もうとっくに親離れしているけど、どこかでしっかりと繋がっている家族だということを伝えることができるんです。
重たい意味ではなく「あなたを気にかけている」というメッセージ。
K10WG アミュレット 7色 ネックレス

新たなスタートをしてほしい

ジュエリーは、何かの区切れや境目で贈られることが多いです。
記念日や入社祝い、結婚など。
新たに広がる未来への希望の光のようなものの象徴になっています。
そんなジュエリーを母の日に贈るのは、「新たな人生のスタートをしてほしい」という意味合いを感じさせますよね。
家族のために色んなことをしてきてくれた母親に、これから自分の世界を広げてもらいたい。
背中を押すという意味で、希望を贈ります。
K18PG ルビー ピンクトルマリン ラブラドライト ロングピアス

女性に人気のアクセサリーモチーフ3選

女性ウケの良いアクセサリーって、どんなものかわからないですよね。
男性が良いと思うものをあげるのもひとつの手ですが、せっかくプレゼントするなら相手が喜ぶものをあげたい。
選びきれない人のために人気のモチーフを紹介したいと思います。

定番のハートモチーフ

プレゼントで贈られるアクセサリーモチーフと言えばやっぱり「ハート」ですよね。
女性でハートが嫌いな人は珍しいほど。
でも母親にハートのプレゼントはちょっと…とためらいがある方も、安心してください。
小さくて上品なハートのピアスなら、贈る方も恥ずかしさはありません。
女性らしさのあるプレゼントとして喜ばれるでしょう。
K10 ダイヤモンド ハートピアス

華やかなフラワーモチーフ

プレゼントに華やかさを持たせたいなら、断然「フラワー」がおすすめ。
明るく柔らかい女性にも、凛として美しい女性にも似合うのがフラワーモチーフのアクセサリーです。
また、母の日といえばカーネーションのイメージから、フラワーは親しみやすさがあります。
思わず幸せな気分になるステキなプレゼントです。
心葉 ダイヤモンド フラワーネックレス K10

シンプルにしずくモチーフ

シンプルなもの、上品なものが好きな女性なら「しずく」が喜ばれます。
ただのラウンド型とは違い、シンプルでもちゃんと存在感があるのがしずくのポイント。
普段から控えめな女性にはもちろん、派手めなファッションのスッキリ要素としてもおすすめしたいです。
シーン問わず使いやすい、いつも身につけられるプレゼントになります。
K10WG ブルートパーズ ティアドロップ イヤリング

どんなシチュエーションにも寄り添うプレゼント

母の日にプレゼントをあげようと思っても、そのシチュエーションに困ってしまいませんか?
特別な席をもうけた方がいいのか、いつもどおりの帰省で気軽に渡していいのか。
そんなあなたにも安心なのがジュエリーなんです。
あなたが贈るどんなシチュエーションにも、寄り添ってくれます。

たとえば、会えなくて配送するという場合も、箱を開けたらジュエリーが入っていたなんてロマンチックじゃありませんか?
いつもの実家で渡しても、日常が特別に変わります。
シチュエーションにこだわらなくても、ジュエリーは宝物のような瞬間をつくってくれるんです。

上質なジュエリーで母の日を特別にしよう

母の日に関連したジュエリーの話をしてきましたが、いかがでしたか?
大人になった今だからこそ贈りたい、上質なジュエリー。
そこから伝わるのは、長年の感謝や今後を応援する気持ちです。

「ここまで育ててくれてありがとう」
「これからは自分のことを大事にして」
「いつも心の中で応援しているよ」

こんなことを口にするのが恥ずかしいなら、贈り物に託しましょう。
あなたのことを1番に考えてくれた1人の女性を笑顔にすることができます。
今年の母の日は、ジュエリーで特別な日にしませんか?