身近に使っているカードゲームのトランプのモチーフは、由来があってタロットの小アルカナと共通モチーフなのです。
そしてトランプのJ~Kには、それぞれ由来となっている素敵な王様や神話上の人物があしらわれています。今回はトランプとタロットのモチーフの由来と共通点、モチーフの秘密に関して紹介します。

トランプカードと小アルカナは兄弟?不思議な共通点

トランプの起源はそもそも中国で生まれたものが最近の研究では有力とされており、トルファン(新疆ウイグル地区)から出土された物が発見されています。このカードゲームが、シルクロードを経て、十字軍のイスラムから欧州への進行によってもたらされたのです。

有力な説は、使用されている小アルカナのモチーフがトランプに反映される様になりました。イスラムで西洋のタロットの小アルカナのモチーフの影響を受けつつ、イスラム教の偶像崇拝禁止の影響から、人物札が無いデザインのトランプが見つかっています。

現在のような人物が入ったトランプのカードのデザインになったのは西洋のイタリア、スペインが有力とされており、14世紀頃には人物札が完成され、15世紀にはそれぞれのハート、ダイヤ、スペード、クラブのモチーフが使用され、定番の赤と黒を使用したカードのデザインになったのです。

また、小アルカナにペイジ・ナイト・クイーン・キングと言った人物のカードが出来た影響はトランプの完成後から来ているとも言われています。
何れにせよ、トランプとタロットには切っても切れない共通点があるのです。

それぞれのトランプカードの意味するモチーフの意味と歴史

ハートのモチーフは「杯」を表しています。杯というのは、小アルカナにも使われていて、「喜びや癒やし、祝い」といった象徴でした。
何故、杯がその象徴になるのか、乾杯をする相手と行うことで相手の杯に毒が入っていないよと示すために、相手のグラスに液が溢れる勢いで行う事が普通とされていました。それから、時代を経て、気兼ねなくお酒が飲める仲間としての「信頼」という意味、また喜びを分かち合うということから「喜び」の象徴になりました。
杯を交わす相手のことなら、命をかけても良いという意味から、「愛」という意味が加わるようになったのです。象徴する職業は「僧職」神に仕える人たちの象徴でもあります。

ダイヤのモチーフは、「お金」を示しています。小アルカナではコインがそのまま描かれており、この札に縁がある人はお金に困らないとも言われています。
元々、硬貨は固い金属製の物が中世では使用されており、色味が赤なのは、硬貨自体が金属でなおかつ熱を製造されることから来たと言われています。
また、宝石等の輝きのキラキラするイメージにも近く、4つのモチーフの中で一番わかり易いモチーフです。象徴すべき職業は「商人」です。お金を扱い場合によっては貴族よりも強い力を持つ商人は強い存在であると当時から思われていたのです。

スペードのモチーフは「剣」を示しています。小アルカナでは、剣のカードが該当し、この小アルカナの意味がスペードのカードにマイナスの意味を与える原因にもなっていると言っても過言ではありません。
元が剣のため、プラスで勝利や正義、命令という意味もありますが、マイナスの意味が多くなります。結果、モチーフ自体がマイナスという誤解が多いモチーフです。
戦いで使用される剣の為、ポーカー等で同じ数字の場合一番強い言われるのも、これが理由です。象徴する職業は「騎士」で、戦の時に剣を持つ者たちが象徴となっています。

クラブのモチーフは「棍棒・杖」を示しています。小アルカナでも棍棒・杖がそのままカードに描かれ、物理的・知的な力の象徴になっています。棍棒は農作業中に、害獣から農地を守る象徴でもあり、また、知恵の象徴としても愛されてきました。
また、木で作られていることから、杯・コイン・剣を作るために不可欠な火を作ることが出来るので、原動力という意味もあります。木から象徴となっているモチーフのため、モチーフの形状もどこか木を匂わせる物となっています。モチーフに割り振られた職業は「農民」です。
一見、農民は弱いように見えますが、その土地を耕し豊かな世界を作る立役者です。

知っていた?トランプのJ~Kのモチーフの人物とは?

トランプのJ~Kのモチーフには実在の人物や神話上の神様があしらわれています。その中でも、特に知っておきたい2人に関して紹介します。

まずはスペードの「Q」です。スペードの「Q」にはギリシア神話の知恵と戦いの神アテナが割り振られています。この神様は、工芸はもちろんの事、あらゆる神様の中でも叡智を授け平和を愛する神です。戦いの神というと一見戦好きと思われがちですが、起きてしまった争いを解決するという意味です。アテナが味方になればどんな戦でも勝利を可能にしてくれます。
トランプ占いで彼女が出れば、困難や問題が解決するという意味というぐらいのラッキーカードでもあります。

ダイヤの「K」はカエサルがモチーフとなっています。ローマ帝国の皇帝になった人で、かのクレオパトラの妻にした人でも有名です。ガリア遠征によって、フランス・スペイン地方を制圧し、ローマ帝国の領土拡大を成功させた人物で、「賽は投げられた!」の名言で有名な人物です。政治手腕もさることながら、領土拡大にも成功した偉大な王として知られている人物です。ローマ帝国の莫大な富と成功、まさにダイヤのKにふさわしい人物となっています。
K18YG ルビー&ダイヤモンド ネックレス

まとめ

馴染みあるトランプのカードとタロットの小アルカナには切っても切れない共通点があります。
その共通点は、共に同じモチーフがあしらわれていること、加えて、人物を使用したカードがあることです。

更にトランプの場合の絵札には、神話や歴史上の人物が割り振られています。スペード「Q」はアテナを表し知恵と戦の神を示し、女性で唯一剣を持っているデザインとなっています。
戦いを収めるための勝利・知恵を授けるという意味も持っています。ダイヤ「K」のカエサルはローマ皇帝であり、大幅な領土の拡大と共に、莫大な富を得た王様になります。

他の札も神話や歴史上で偉大な業績を上げた人物がモチーフになっています。カードから歴史を紐解くきっかけになれば幸いです。