最近ではどのショップでもイヤリング商品が増え、若い女性の間では、あえてピアスホールを開けないという人も増えてきました。
イヤリングが流行し始めているのはなぜなのか?ピアス派の方も、この機会にぜひ知っておいてください。
進化したジュエリーについても、詳しくチェックしておきましょう。

女子大生にはピアスよりもイヤリングが流行!?

女子大生の間では、ピアスよりもイヤリングを愛用する人が多いという情報があります。その理由を見てみましょう。
・ピアスホールがない方が就活での印象が良い
・イヤリングにもかわいいデザインが増えてきた
・わざわざ穴を開けるのが面倒くさい
今の30代や40代はピアスを開ける方が主流だったため、下の20代の考え方にジェネレーションギャップを感じてしまうでしょう。
少し前まではピアスばかりが多く取り扱われてきましたが、最近ではオシャレなイヤリングが多く登場したことから、イヤリングに注目が集まっています。
たとえ小さな穴でも、身体に傷をつけるのは不安という方はいます。そんな方にはイヤリングの方が安心して、長く楽しむことができるでしょう。

イヤリングが増えたのは楽をしたいから?

イヤリングが増えてきた背景には、ファッションでは楽をしたい女性が増えてきたからという説があります。若い女性がオシャレよりも楽をしたがるなんて・・・と、不思議に思われた方もいるでしょう。
ですが、近年ではハイヒールよりも安定感のあるペタンコ靴やウェッジソールが好まれる傾向に。パンツもピタッとフィットしたスキニーから、ワイドなものの方が好まれています。
トップスも体のラインを見せない、ゆったりとした形ものが主流ですし、下着においてもノンワイヤレスブラジャーが大人気。スカートのゴム入りも当たり前になってきました。
ファッションにおいては無理をして着飾ることよりも、ストレスフリーであることが求められるようになっています。
ピアスを抵抗なく受け入れられる方には問題ありませんが、なかには穴を開けることにためらう方、ピアスが合わなかったという方もいます。
そんな方にも顔周りを飾るジュエリーをもっと楽しめるよう、イヤリングが増え始めたのでしょう。百貨店やハンドメイド作家もその流れをいち早くキャッチし、イヤリングを取り扱う店舗も増えてきました。
ピアスホールがない方は、今こそ数々のイヤリング商品をチェックしてみてください。

ピアス派にも嬉しい!最近のイヤリングはこんなに進化

イヤリングからピアスに変えた方ならば、イヤリングのデメリットが気になってしまうでしょう。
圧迫感がある、耳から落ちてしまう、長時間つけると痛くなる・・・など、これらの悩みを解消できるピアスに人気が集まりました。
ところが最近のイヤリングは進化を重ね、軽くてつけやすい商品、圧迫感を和らげる商品も登場しています。
装着面にシリコンカバーを使用することで、耳にやさしくフィットするデザインも誕生しました。痛みが気にせず、ストレスなくイヤリングを楽しむことができます。
K18/K14WG イヤリング

耳たぶに挟むだけのフープイヤリングならば、簡単に装着できるうえ、ピアスのように見せることができます。耳たぶの幅を選ばず調整しやすいため、キツイと感じる時にはゆるめることも可能です。
K18YG/K18WG リバーシブル フープ ピアリング

イヤリングでもピアスのように軽やかに、スマートな商品も多々登場しているため、ぜひチェックしてみてください。

イヤリングは金具が痛い、落ちやすいというのは過去のこと。好きな位置で止めることができる無段階調整を兼ね備えた商品もあるため、耳たぶの厚さ薄さが気になる方にも愛用いただけます。
長いことピアス派だったという方、ぜひ、最新のイヤリングもチェックしてみてくださいね。

ピアス愛用者もイヤリングを持っているとこんなに便利!

ピアス派だけれど、長くピアスを使用していなかったからホールがふさがってしまった。日によってピアスが負担になる日があるということはありませんか?
顔周りにジュエリーが欲しいけれど、ピアスをつけていくのは不安というときに、イヤリングがあるととても便利です。
また、イヤリングはピアスと違い、つける位置を調整することができます。一度開けたピアスホールの位置を変えるのは難しいのですが、イヤリングは微調整が可能に。
その日のファッションとメイクに、一番似合う位置にジュエリーを飾ることができます。

まとめ

気づかぬ間に流行は変化し、自分が当たり前だと思っていたファッションの常識がガラリと変わってしまうことはあります。
もちろんピアス商品は数多く、素敵なジュエリーも豊富にそろっていますが、たまにはイヤリングをチェックしてみるのもおすすめです。
一昔前よりも進化した、オシャレで負担の少ない商品が登場したことに驚く方も多いでしょう。ピアスからイヤリング、幅広いアイテムから今の自分に似合うものを見つけてみてください。