透き通るようなオリーブグリーンの宝石「ペリドット」は8月の誕生石としても有名ですが、ペリドットにまつわる話は古来より多く受け継がれています。
そんなペリドットにまつわる言い伝えや、スピリチュアル的背景についてお話していきますね。

ペリドットに秘められたパワー

紀元前の昔から人々を魅了してきたオリーブグリーンの宝石であるペリドットは、太陽のきらめきを閉じ込めたクリスタルとして重宝されてきました。
特に古代エジプトにおいては、太陽神ラーが崇拝されており、ペリドットはその太陽のエネルギーやパワーが封じ込められているとして大変貴重なものとして扱われてきました。
人間がペリドットを持つということは、自分自身をただの肉体として捉えるのではなく、「太陽神のパワーがこもったペリドットの恩恵を受け取り、神の領域まで高めていく」ということが目的でもありました。

当時のエジプトでは、様々な信仰がある中でも、太陽が万物のエネルギーを司っている神だということは共通の認識とされていました。
そんな神である太陽の光が輝くペリドットは、人々の心の暗闇の奥底にある恐怖の感情を取り除いて、持つ人の身を守ってくれると信じられて多くの人から愛されてきたのです。
人間には神に通じる心と悪魔に通じる心があるけれども、ペリドットを持つことで悪魔に通じる心を打ち砕いて、神からの叡智を受け受け取ることができると考えられていました。
時に悪魔に通じる心が大きくなりそうになったとしても、ペリドットを持っていると「これは神の心か、悪魔の心なのか」を識別し、起きている物事の意味を理解することができるようになると考えられていたのです。

人の心は恐怖に直面すると、一瞬「逃げ出したい」と言う気持ちが上がってきます。でもそこで、自分の真実に向き合うことで、現実逃避をしようとする悪魔の囁きに乗らずに済むのです。
悪魔の心の究極のところは「逃げ出したい、自分で責任を取りたくない」と言う思いです。
しかし、私たちの心には必ず神へ通じる気持ちがあります。「物事に真摯に向き合い、前へ進みたい」という心を取り戻すサポートをしてくれるのがペリドットの役割でもありました。
真理の道につながるとされるペリドットのオリーブグリーンは、道に迷ってしまう多くの人の心を救ってきた宝石でもあったのですね。

パワーストーンとしてのペリドット

ネガティブな霊的存在を追い払うパワーがあると信じられていたペリドットは、魔除け的な意味合いでも活用されました。
昔から、ネガティブな霊魂や闇の存在たちは、人の心の闇が引き寄せると考えられていたことがありますが、そんな時もペリドットをお守りとしても身につけたり、教会の装飾品として使ったりしたという歴史もあります。

そんなペリドットは、私たちの心の不安定さを取り除いてくれるパワーストーンとしても活用されています。

心の安定をはかる

私たちが心の病気になってしまう時は、ストレスも大きく積み重なっている時です。
いつも人に合わせてしまうという人ほど、不安や怒りをたくさん抱えています。
そんな時、ペリドットの宝石を身につけると、心が落ち着いたり、精神が安らいだりするなどの効果が期待されているのです。

心のバランスをとる

「強い意見を言う人に流されてしまう」という人は、自分の心にYESが言えないことで、だんだんと心が病んできます。
そんな時も、自分の心に正直で、自分らしく生きることをサポートしてくれるのがペリドットです。

才能を開花する

ペリドットは、物事の本質を見抜くことができるパワーストーンでもあるため、持ち主の才能を開花するというサポートもしてくれます。

人はみんなクリエイティブな才能を持って、この地球に生まれてきました。しかし、自分の才能が見つけられないまま、自分の才能ではない職種に就くことや、自分のやりたくないなと思うような仕事に就いて一生を終える人がほとんどです。

私たちは、人生を創造するために生まれてきたのですから、本来みんな自分の才能を生かしあって生きることができるようになっています。
しかし、資本主義社会に根深く植えつけられた概念として「好きなことは仕事にできない」「趣味が仕事にはならない」というものがあるため、多くの人が「自分の才能を生かして生活していくことができない」と思い込んでいるのです。

でも、神様は私たちをそのようには作っていません。みんな一人一人が、自分の才能で生きて行くことができるように、それぞれに違った才能を与えてくれています。
例えば、芸術、スポーツなど同じ分野で活躍する人でも、一人一人に個性があるので全く同じクローン人間にはなりませんよね。

自分にはどんな才能が秘められているのか、ペリドットの導きによって自分の才能に目覚めていくことができるのも楽しみですね。

夫婦愛をサポートする

ペリドットには、夫婦愛をサポートするという役割もあります。いつも小さなことでパートナーと喧嘩をしてしまうという人は、「相手を自分の思い通りにしたい」という気持ちが強く心にあるのです。
「相手が自分の気持ちをわかってくれない、いつも自分ばかり我慢している」という人は、少し自分の心に向き合ってみましょう。
すると、「相手に自分の気持ちをわからせたいということは、自分の思い通りにしたいということなのだ」と気づくと思います。

前述のように、神様は一人一人に個性と才能を与えてくれており、それぞれの違いを楽しむために生きていることが真理だとすると、「相手を思い通りにしたい」という考えは自分たちの本意ではないことにも気づくでしょう。
思い込みとエゴ的思想からは、心を圧迫させてしまうので、夫婦間がうまくいかなくなってしまいます。
そんな時、ペリドットは自分の身勝手な気持ちにピリオドを打ち、お互いを思いやることができるように修復してくれるでしょう。

奥様と心がすれ違ってしまった時など、ペリドットの宝石をプレゼントしてみてはいかがでしょう。
ペリドットの調和やバランスをとる効果で、2人のパートナーシップが蘇ってくるのを感じられるでしょう。
K18YG ペリドット ティアドロップ ロングピアス

まとめ

ペリドットに秘められたパワーについてご紹介しました。
ペリドットは、私たちが選択に迷った時に、一筋の光を見出してくれるサポートをしてくれます。
大きな保護を感じられるパワーストーンでもありますので、自分へのご褒美に、大切な人への贈り物に、ペリドットの宝石を選んでみてはいかがでしょうか。