ライトグリーンの輝きが瑞々しいペリドット。半貴石の中でも人気の高い宝石として知られていますが、今回はそんなペリドットの特徴からその歴史、注意点までを徹底解説していきたいと思います。

オリーブグリーンが美しい、ペリドットってどんな宝石?

ペリドットの強い輝きは夜が更けても持続する「イブニングエメラルド」とも言われ
古来より愛されてきた宝石です。

緑色系の宝石はエメラルドが代表各ですが、ペリドットもその深い歴史とそれが持つパワーがゆえに、古い時代から珍重されてきた歴史があるのです。

3500年以上に遡る歴史を誇る悠久の宝石

ペリドット、和名で橄欖石(かんらんせき)と呼ばれる宝石は、ライムグリーン~深いオリーブグリーンを呈する非常に美しい緑色の宝石です。エメラルドと似た色であることから、エジプトの女王クレオパトラもエメラルドと混同して、ペリドットを扱ってきたともいわれています。

ペリドットは私たち日本人にとっても馴染みの深い宝石で、8月の誕生石として知られています。ミャンマー、パキスタン、オーストラリアや中国などで産出される宝石ですが、特にノルウェー産の物は非常に透明度が高く美しいため、高価な値段で取引されています。

ペリドットの語源はラテン語でオリーブを意味し、約3500年以上も前から、紅海にあるセントジョーンズ島で産出されたという記録が残る非常に歴史の深い宝石でもあるのです。

モダンジュエリーでもピアス、ネックレス、リング等に加工されていますが、宝飾史にその名を刻むようなジュエラー、ラリックやファリーズなどが活躍したアールヌーボー期には、大変人気があった宝石としても知られています。

王家の宝物に聖書における伝説まで

ペリドットは旧約聖書に登場するイスラエルの12氏族を示す、エルサレム城壁の石垣にセットされた宝石の1つであったと言われています。(第七の土台を構成する宝石であったそう。)

ペリドットは世界五大宝石からも漏れる、私たちの感覚から言えば、どちらかというと手の届きやすい宝石かもしれません。しかし濃いオリーブ色のペリドットはロイヤルジュエリーにも見られ、特にその名を馳せるものはハプスブルグ家のコートジュエラーであったKochertの作品。

1820年にHenrietta of Nassau Weilburg の為に制作されたと言われており、5石の巨大ペリドットから成るティアラ、そしてブローチ、イヤリング、ネックレスのパリュールは有名です。(パリュールとは同素材、デザインによるブローチ、リング、イヤリング、ネックレス、ティアラの内、数点が一組になったジュエリーセットのこと。)

こちらは2001年にサザビーズで競売にかけられ、40万ドルを超える値段で落札され、アメリカのセレブリティーJoan Riversが2004年のアカデミー賞でレンタルして身に着けたことでも話題になりました。

このように遥か昔の旧約聖書から王族のコレクションまで、ペリドットは高貴な宝石として重宝され、そして宝飾史に大きな足跡を残してきたことが分かります。

気になるペリドットの石言葉と意味

ペリドットは太陽の化身とも例えられ、12世紀十字軍が活躍した時代から、魔除けのタリスマンとして護身の為に携帯されたそう……。現在でもパワーストーンとして人気の高いペリドットは、「希望」や「癒し」などのポジティブな宝石言葉を持つ石として知られています。まさに太陽に愛された宝石ペリドットらしい宝石言葉といえますね!

現代でも魔除けを期待してお守り代わりにブレスレットとして身に着ける方も多く、男性の腕にも違和感なく楽しめることもあり、性別に関係なく愛されている宝石と言えるでしょう。

またペリドットは、互いの愛が別のベクトルに向かないようにする効能があるとも信じられており、結婚した夫婦、または愛を誓い合ったカップルにとってもありがたい宝石なのです。
K18YG ペリドット ティアドロップ ロングピアス

ペリドットを愛でる上での注意点まとめ

皆さんもペリドットをセットしたジュエリーを愛用している方もいることでしょう。ここではペリドットを末永く愛でる為に、注意するべき点について解説していきたいと思うので、こちらも漏れなくご覧ください!

ペリドットは割れやすい?

多くのジュエリーにペリドットがセットされていることからわかる通り、ペリドットはジュエリー加工にも耐えうる強度があります。モース硬度は約6.5ですが、この値は決して宝石の中で強靭な強度と言えうる数値ではありません。

その為日常使いをしていると、角やファセット表面が摩耗することもあるので注意が必要です。また劈開性と呼ばれる1方向に割れやすい性質があることでも知られており、強い衝撃が加わると欠けてしまう事も少なくありません。

ダイヤモンドやルビー、サファイアのような強い耐久性のある宝石とは決して言えないので、激しいスポーツや家事をする際、指輪などは外しておいた方がベターと言えるでしょう。

超音波洗浄機の使用は控えること!

超音波洗浄機を利用してジュエリーのケアをする方も少なくないと思います。しかしペリドットがセットされたジュエリーにおいて、超音波洗浄機でのクリーニングは破損の原因になることも考えられます。

汚れなどが気になった際は、セーム布でふき取るか、中性洗剤を溶かしたぬるま湯や石鹸水に浸し、柔らかいブラシで軽くこすり洗いをしてあげるといいでしょう。

扱いに神経質になるほど脆い宝石ではありませんが、前述のように硬度、劈開性という鉱物的な性質をきちんと理解して日々のケアをすることが、長くペリドットを楽しむ秘訣になっていくのです。
K18YG ペリドット ネックレス

まとめ

今回はオリーブグリーンが美しいペリドットについてのお話をしてみました。世界のあちらこちらで産出されるため決してレアな宝石ではありませんが、その歴史の長さと共に興味深い宝石であることがわかって頂けたと思います。

夫婦愛を深める為に、または魔除け用にも、様々な用途目的で楽しめる宝石なので、性別や年齢に関係なく身に着けられる、それがペリドットの魅力なのかもしれませんね!