皆さんはコンクパールという真珠を知っていますか?我々日本人にとってパールは非常に身近な宝石ですが、その中でも希少中の希少パール、それがコンクパールなんです。
今回はまさかのショッキングピンクの真珠、コンクパールをご紹介していきたいと思います。

ピンク色の真珠!コンクパールの特徴を見てみよう

まるでピンク色にエナメル装飾されたポーセレンのような質感、そんな特異な艶を見せる真珠があります。白、黒、ゴールドにグレー、そんな落ち着いた色合いがほとんどのパールの中で、ハッとするようなクリーミーピンクの真珠、それがコンクパールです。

あまり知られていない真珠で知名度こそありませんが、一度見たら忘れられないインパクトの強さを与えてくれます。ここではわかりやすくコンクパールの魅力について解説していきたいと思うので、ぜひその美しさを文字で感じていただければ幸いです。

ピンクの火炎模様が特徴的な真珠

まずコンクパールはその美しいピンク色からも分かる通り、非常にレアな真珠に属します。通常のパールはアコヤ貝、シロチョウ貝、クロチョウ貝やマベ貝などを母貝としてスクスク成長しますが、コンクパールはピンク貝から産出される真珠です。

ピンク貝は基本的に西インド諸島、バハマなどのカリブ海にしか生息していない貝であり、その中でも質のよいコンクパールは数千~1万の母貝の中から数個しか取れないと言われています。

真珠の外観は通常赤からオレンジなどを呈しますが、その多くはイチゴキャンディーのようなピンクホワイト。ただしその色合いにはかなり幅があり、橙色や紫がかったコンクパールもあります。

評価が高いコンクパールは皆さんの想像通り、淡いピンク色のもの。特に火炎模様と呼ばれる、まるで灼熱の炎が揺らめくような独特の波模様がある真珠は特に希少とされ、非常に高価で取引されています。

他のパールとは異なり真珠層を持たない為、真珠光沢こそ見せませんが、パステルカラーのピンクパールはコレクターアイテム以外にも、いわゆるハイジュエリーとしても多く見られます。

レアすぎ!コンクパールの値段が高騰するその理由

コンクパールはまん丸な外観ではなく、バロックパールとまではいきませんが形が不揃いなものも少なく無く、その多くは可愛らしい楕円形のものが多いのも特徴です。

私たちが想像する真珠像からしたら、少し真ん中から逸れたところに位置しているコンクパールではありますが、前述の通り非常にレア!ピンキリではありますが、高品質なものは100万円以上で取引されることも多く、お財布事情の観点から見るとかなり厳しいプライスになっています。

特に色合いにムラがなく形が左右対称、クリーミーなストロベリーカラー、そして火炎模様がハッキリクッキリしているものは、目が飛び出る位のビックリ価格で取引されます。

元々の母貝が少ない以上に、現在はワシントン条約での商取引に制限がかかっていることも、その価値を底上げしている要因と言われているのです。
K18YG アコヤ真珠 ネックレス

養殖なら経済的?気になる養殖コンクパールについて検証

ジュエリーとしてセットされるものは、ピンクの強烈な存在感がゆえに、スパークリングな輝きを誇るダイヤモンド、プラチナとの相性が抜群!コンクパールをセンター、サイドにダイヤモンドをあしらったリング、ネックレスはいわゆる眉唾物の商品として君臨しています。

とにかく高級路線色が強いコンクパールですが、それなら養殖物ならそのお値段も抑えられるのでは、と思う方もいることでしょう。

ここではそんな気になるコンクパールの養殖事情について解説していきたいと思います。

市場には養殖コンクパールは流通していない?!

養殖真珠は19世紀から日本が得意にしている分野でありますが、現在コンクパールの養殖真珠は市場に流通していません。

「えっ、何で?」と思う方も多いと思いますが、コンクパールは母貝となるピンク貝が二枚貝ではなく巻貝である為、養殖するのに必須なステップの核の挿入が非常に難しいので、養殖するには不向きのパールとして考えられてきました。

しかしアメリカ宝石学会の発表によると、2009年フロリダアトランティック大学によりコンクパールの養殖が成功し、約200程の養殖コンクパールが誕生したとレポートしています。

2012年にはより大規模な核挿入の計画が発表されましたが、結果として市場に養殖コンクパールを流通させるのは非常に難しいことであろうという結論になったそう……。

勿論今後の展開によっては、いずれコンクパールの養殖物を市場で目にすることもできるかもしれませんが、それがいつになるのかは全くの未知数でありその可能性は非常に低いのが現状です。

今は若干値段が張るとしても、希少なピンキッシュ天然コンクパールを節約しながら購入する、これがベストで理想的な愛で方であり買い方だと言えるでしょう。
K18YG ピンクトルマリン パール チェリーピアス

まとめ

今回はまさかのピンク色、まるで練乳イチゴのような外観のコンクパールのお話をしてみました。キュートでありレア、人とはちょっと違う、そしてエクスクルージブな宝石を身に着けたい方にはピッタリの宝石、それがコンクパールです。

大変貴重でそれなりの市場価格が設定されていますが、シーズン通してKAWAIIを実感できる女子力高めのパール。ぜひあなたも、ジュエリーボックスの一コレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

なんだかきっと毎日が楽しくなる、そんな予感がしてきませんか!?