パワースポットとして知られる京都嵐山。中でもひときわ静けさを放つ大本山天龍寺は、室町時代に作られた由緒あるお寺で、古都京都の文化財の一つとして世界遺産に登録されています。
天龍寺は、想的な朝靄の中で静かに輝く曹源寺庭園、邪気を払う雲龍図など、方々にエネルギーが満ち溢れており、嵐山の中でも人気の観光スポット。
今回は、天龍寺を取り巻く不思議なエネルギーについてご紹介します。

天龍寺について

天龍寺は、足利尊氏が後醍醐天皇を弔うために、1339年(暦応2年)に離宮をお寺として作られました。

四季を彩る曹源寺庭園(そうげんちていえん)

見事な美しさを誇る曹源寺庭園は、優美な王朝文化と禅文化が融合しており、日本で最初の史跡・特別名勝に指定されている名庭園です。
周囲の山々を借景とした雄大な風景がパノラマのように広がり、春には桜、初夏には鮮やかな新緑、秋には紅葉、そして冬の木々たちは厳しい冬を乗り越える禅の姿を見せてくれる…四季折々の美しい姿を楽しむことができます。

天龍寺は、8度の火災と応仁の乱によって大きな被害を受けており、大方丈(おおほうじょう)・法堂(はっとう)・庫裏(くり)・多宝殿・小方丈などは明治時代以降に建てられたものです。
消失と復興を繰り返してきた天龍寺ですが、曹源寺庭園だけは昔と変わらない姿で残っています。今見ることが出来る曹源寺庭園の景色は、今から680年前に夢窓国師が作った時から何も変わっていない景色。
時は流れていく中で、今も昔も、私たちは同じ景色を見ることが出来るのです。

天龍寺でエネルギーチャージ

世の中は大変動の時期を迎え、多くの人が気持ちの落ち込みや、心の寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。また、運気の低迷を感じてしまい「自分の気持ちや意識を高く持とう」と思っているのに、それが難しいと思う時もあります。
そんな時は、天龍寺に流れるエネルギーで浄化とパワーチャージをするのもおすすめです。
天龍寺は、京都嵐山の中でも世界中から多くの人が訪れる人気のパワースポットとして知られています。

浄化が必要な理由

私たちは、肉体の周りにエネルギーボディが何層もあると云われています。肉体とエネルギーボディを比べてみると、エネルギーボディは肉体よりもさらに微細なエネルギーです。そのため、エネルギーボディには、肉体では感じにくい心の動きや何かの前触れなど、3次元的な目線からは見えないものを感じ取るセンサーのような力が備わっていると考えられています。
好きな場所に行くと心が踊るようなクワクワを感じることや、特定の場所に行くと不穏な空気を感じるという体験をしたことがある人もあると思いますが、これはエネルギーボディがその場所や人が持つエネルギーやオーラを感じ取っているからです。
しかし、エネルギーボディが疲れていると、あらゆる感じ取る力も弱まってしまうため、本来なら不調和を感じる場所や人と接してしまうことになります。その結果、肉体が大きく疲弊してしまい、運気もダウンしてしまうのです。

運気をアップするためには、まずはセンサーとなる私たちの肉体やエネルギーボディをヒーリングして行くことがとても大切です。
肉体のケアとして毎日お風呂に入るように、エネルギーボディのケアとして浄化やヒーリングをすると、心も体も軽くなっていきます。
良い気の流れる場所で自分の肉体とエネルギーボディの共鳴を起こし、しっかり浄化をして運気アップを目指しましょう。

天龍寺の法堂〜パワフルな雲龍図

天龍寺の法堂の天井にある雲龍図は、加山又造が魂を込めて描いた作品で、四方八方に邪気が来ないよう睨みを利かせていることで有名です。
天龍寺に描かれているこの龍は五本の爪を持っており、龍の中でも皇帝に仕える最高峰の品格を持つ龍で、邪の気を強く浄化しながら運気をどんどん高めると云われます。

雲龍図の下の円に沿って移動していくと、龍の顎がだんだん下に下り、顔全体が見る人に食いつくように睨みを利かせてくる…見る場所によっては、龍の顔が近づいてくるように感じにも見えてくるのです。

まるで雲の中から現れたような龍が、結界を張るようなエネルギーを放ちながら生きているように描かれている雲龍図は、多くの人が訪れるパワースポットとなっています。

強さの象徴でもあり、守り神でもある龍は、ずっと昔から京都の地に邪気が近づかないように守ってきました。
浄化して邪気払いをしたい方や開運を願う方や、厄除けを願いたい方は、天龍寺を尋ねてみてはいかがでしょうか。

◎臨済宗天龍寺派宗務本院
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号:075-881-1235

運気アップにおすすめの宝石

運気をあげるアイテムとしておすすめは、バタフライ(蝶々)モチーフの宝石です。バタフライは運気アップや幸運を引き寄せるシンボルとして、世界中で愛されています。
さらに、さなぎから蝶になるバタフライには、「大きな変容を遂げる」という意味合いも込められているため、人生の転機を迎えている時や環境が変わる時のサポートにおすすめの宝石です。

こちらのバタフライモチーフのピアスはダイヤモンドが散りばめられている特別な宝石。
ダイヤモンドは、古来より特別な宝石として扱われており、持ち主の運気アップをサポートすると云われます。周囲に屈せず自分の信念を通すという強いエネルギーを持っているダイヤモンドは、鉱物界でも最強の硬さを持つことから、運気も「最強」になりパワーアップする宝石として古来の王族たちからも愛されていました。
願い事を叶えたい人や運気を上げたいと思う人は、このダイヤモンドが散りばめられたバタフライのピアスを身につけて、運気アップをサポートしてもらいましょう。

K18YG ダイヤモンド バタフライ ピアス

耳元にダイヤモンドの飾りがつくことで、顔映りも一気に明るくなります。自分の運気アップアイテムとしてはもちろん、大切な人のお守り代わりにプレゼントするのもおすすめですね。

まとめ

京都嵐山で人気のパワースポットである天龍寺についてご紹介しました。
天龍寺は、長い歴史の中で復興と再建を繰り返しながら、どんどんエネルギーが高まっていった由緒ある禅の寺です。
天龍寺には、直営の精進料理店もあり、動物性の素材を使用せず、厳選された四季折々の食材を楽しむことが出来ます。
「天龍寺で身も心も浄化したい」と思う人は、こちらの精進料理も予約されてみるのもおすすめですよ。