大切な第一子が1歳の誕生日。夫婦にとって嬉しいのはもちろん、祖父母や叔父叔母だっておおいにお祝いしたい記念日です。
そんな大切な記念日には、パパからママにもぜひ記念のプレゼントを用意してあげてください。家族にとって一生忘れられない、思い出の日になる方法についてご紹介します。

ママ1年の記念日には感謝の言葉を

我が子1歳の誕生日は、ママになって1年という記念日でもあります。パパだって大変だけれど、0歳児ならまだまだ密着する時間はママの方が多いかもしれません。
出産してからのママ1年生は、心身ともにとっても大変な日々だったでしょう。ぜひ、感謝の気持ちとともにママを労ってあげてください。
ママ1年を感謝することは、決して特別なことではありません。過去にはパパからママに感謝する、感動ムービーが話題を集めたこともあります。
ママの頑張りを1番近くで見ていて、深く理解できるのはパパだけです。実母や親友たちからの励ましも嬉しいけれど、やっぱりパパからの言葉が嬉しいはず!ぜひ、記念日をお祝いしてあげてくださいね。

直接は恥ずかしい?だったらメッセージに込めて

感謝したいけれど、うまく言葉にできない。そんなシャイなパパもいるでしょう。改まって言葉にしようとすると、うまく話せなくなってしまうことはあります。奥様もそんな空気を察して、恥ずかしくってわざとごまかしてしまうかもしれません。
うまく雰囲気が作れない照れ屋なご夫婦なら、メッセージカードに気持ちを込めるのがおすすめです。「自分がいないときに読んで欲しい」と、出勤前や就寝前にさりげなく渡しておきましょう。
面と向かっては恥ずかしくても、こんな方法なら伝えることができるのでは?メッセージカードはずっと手元に残すことができるから、ママの大切な宝物になるでしょう。

ママへの感謝の例文紹介!メッセージの参考に

普段、手紙なんて書いたことがない人にとっては、短文のメッセージだって悩ましいもの。なんて書いたらいいか分からないというパパのために、例文をご紹介します。

〇〇ちゃん1歳とともに、ママ1歳おめでとう!
ママになっての1年は本当に大変だったと思います。
〇〇ちゃんのために、家族のために頑張ってくれてありがとう!
これからも精一杯支えていきます。2人で頑張っていきましょう。

この例文をそのまま使うよりは、アレンジを加えた方がより気持ちが伝わるでしょう。この1年でママが大変そうだったエピソードを思い出してみてください。
「ちゃんと見ていてくれたんだ!」というシーンを想像させる文章があると、感謝の気持ちがストレートに伝わります。

ママ1歳のプレゼントを用意してあげてもOK

心を込めたメッセージカードだけでも十分ですが、プレゼントを用意してあげてもいいでしょう。我が子の誕生日に、自分へのプレゼントがあるなんて予想していません。サプライズプレゼントとして、大成功しやすい日でもあります。
お子さんの誕生日がメインなので、寝かしつけたあとにこっそりプレゼントを渡してあげましょう。二人の時間に渡すのが恥ずかしいパパなら、出勤前にテーブルの上に置いておくのもおすすめです。

ママにはどんなプレゼントが喜ばれる?

ママ1歳のプレゼントだから、子育てに便利なものと想像する方もいますよね。ですが、子育てに必要なものだったら、ママだけでなくパパにだって必要なもの。特別感がありません。
マッサージ機やハンドクリームなども喜ばれますが、初めてのママ1歳という記念日は2度とないもの。一生残る思い出の品物の方がふさわしいでしょう。
毎日片時も我が子のことを忘れられない、気の抜けない生活をおくるママには、非現実的なプレゼントの方が喜ばれます。
ママが1歳になった日には、一生大切に使えるジュエリーをプレゼントしてあげてください。

なぜジュエリー?ママ1歳にふさわしいアイテムとは

ジュエリーは結婚記念日や誕生日に贈るものだと思っていませんか?ママ1歳にはもっとカジュアルなものをとお考えの方もいるかもしれませんが、この日は結婚記念日や誕生日と同じぐらい大切な日であることを認識しておいてください。
まだ1歳の我が子から、高価なものをねだられる心配もありません。ぜひママに、心がときめくようなジュエリーをプレゼントしてあげましょう。
我が子に触れる機会が多いため、宝石がついた指輪はふさわしくありません。長さのあるピアスやネックレスも、子供に当たってしまう恐れや引っ張られてしまう心配があります。
小さなピアスや短いチェーンのネックレスを選ぶのがおすすめです。肌にフィットするため、着用しても邪魔になることがないでしょう。

K10WG アクアマリン ネックレス

まとめ

出産してからの1年は、ママにとって不安と緊張の日々。やっと1歳になった我が子の成長に安心しつつも、まだまだ気の抜けない日々を頑張っていこうと気を引き締めています。
大変だった1年を二人で祝いつつ、メッセージやジュエリーに感謝の気持ちを込めて伝えましょう。夫婦にとって、忘れられない思い出を作ってください。