トラピチェエメラルドという宝石を最近よく耳にします。それこそSNSを楽しんだいたり、鉱物ショーに行かれる方などは、「あっ!とうとう来たな!」と思う方も多いことでしょう。

今回はエメラルドの中でもそのレアさ、そのキュートさから人気急上昇のトラピチェエメラルドについて解説していきたいと思います。

ジューシでKAWAII!鉱物マニア眉唾のトラピチェエメラルドとは?

高貴な深緑、引き込まれるようなその色合いが人気のエメラルド。アクアマリン、モルガナイトなどに代表されるベリル種の中でも、圧倒的に長い歴史と知名度、そして美しさを誇るのがエメラルドです。

ザンビア、コロンビアにブラジルなど世界方々で採掘されるエメラルドではありますが、特に希少なエメラルドの1つとして、今回ご紹介するトラピチェエメラルドが挙げられます。

ここではまずトラピチェって何?という素朴な疑問から、鉱物学的特徴などの基本知識をまとめてみたいと思います。

トラピチェって何?普通のエメラルドと何が違う!?

トラピチェエメラルドのトラピチェってどういう意味?これはスペイン語でTrapicheと綴る単語で、サトウキビやオリーブを絞るための圧搾機のことです。普段あまり使用することのない単語で形容されているトラピチェエメラルド。

つまりこのエメラルドの特徴は、その農機具に付加されている歯車のような特徴がみられることから命名されました。

よく見かけるカボションカットのトラピチェエメラルドを見ていただければ一目瞭然ですが、緑茶色に澱むグリーンの中に6つの黒い仕切りが見えるエメラルドの事です。

なんだかこんな形のスイカ味キャンディーを見たことがありますが、そのキュートな見た目とオリジナリティーから、鉱物マニアの人気に火をつけエメラルドコレクター眉唾の超レアエメラルドとして昨今人気を集めています。

そのユニークな形状の秘密と歴史

エメラルドの原産地の一つであるコロンビアはムソー鉱山で採掘されたのが始めと言われるトラピチェエメラルド。1879年にフランスで初めて言及されたと言われていますが、実際はアンティークジュエリーのいくつかにトラピチェエメラルドがセットされていることから、より時代は遡ると推定されます。(なお現在は低品質の物であれば、マダガスカルでも見つかっています。)

宝石業界の中でも類まれに珍しいこのエメラルドは鉱物的価値が高く、これから身に着けられる、そして持ち運び可能な資産の一つとして注目されているのは言うまでもありません。

トラピチェエメラルドに見られる6つの放射状の黒い線、なぜにこのような不可思議な模様が浮かびあがるのか?通常エメラルドは六方柱の結晶ですが、この結晶内にベリルとアルバイト(曹長石)の混合物が結晶化してそのまま成長することで呈すると言われていますが、いまだに詳細な生成過程はわかっていません。

一言でトラピチェエメラルドといっても、中心部に六角形があるタイプの物から、まるでスターサファイアのように6本の線のみが見えるもの、全くエメラルドらしくない色合いのものまで様々。それぞれの鉱物、宝石にも個性的な模様や色合いがありますが、トラピチェエメラルドはその特異な模様がゆえに、様々なパターン文様を構成しているのです。

市場でも購入可能?トラピチェエメラルドっていくら位?

トラピチェエメラルド、その名前こそ聞いたことがあるという方もいると思いますが、実際百貨店やジュエリーショップ店頭で見かけたことはほとんどないと思います。

ここでは実際トラピチェエメラルドを購入する、楽しむという視点から、その魅力について迫っていきましょう!

驚愕!トラピチェエメラルドの驚くべき価値

様々なレア鉱物を扱うミネラルショーでも、トラピチェエメラルドは大目玉として扱われています。エメラルド全般が人気のある宝石で高価で取引されがちですが、トラピチェエメラルドは言うまでもなくその希少さがゆえ大変高値です。

勿論ピンキリですが濃いグリーン、そして6つの黒い線がはっきり出ているものは、1カラットでも数十万円の値を付けることもザラ。ただしエメラルド自体、内包物、傷が多く、トラピチェエメラルドに関しても、欠けや目に見えてわかるような傷があることも少なくないため、緑味の非常に薄いものであれば1万円台でも購入可能なルースもあります。

ハッキリしたトラピチェエメラルドの模様が形成される過程が明確にわかっていないことも、その値段を向上させている大きな要因になっているのでしょうね。

トラピチェエメラルドはオーダー加工で楽しもう

全エメラルドの1%程度した採取されない宝石で、そもそも大量生産に向いていない宝石であるため、ルースを手に入れてジュエリーショップ、工房で加工していくのが一般的です。

もちろんいくつかのオンラインショップでは、ジュエリーに加工済みのトラピチェエメラルドが販売されていますが、やはり通常のエメラルドと異なりそのデザインの幅が少ない点は否めません。

その模様は好き嫌いが分かれますが、どこかニュートラルでミステリアスな雰囲気を持つ宝石なので、意外にも男性からの熱視線があるのも確かです。色石に抵抗がある男性でも、意外にシックにまとまる、なおかつオリジナリティー溢れたジュエリーで男力をアップ!

女性だけじゃない、男性にも人気が高いトラピチェエメラルド、あなたも日々のファッションのスパイスに、ルースからオリジナルジュエリーに加工して楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

どこか亀の甲羅を思わせるトラピチェエメラルド。そのオリジナリティーの高さがゆえ、玄人向けの宝石として認識されています。しかし一度見たらその姿が脳裏から離れない類まれな宝石の一つなので、ふつうのエメラルドに飽きたその時は、ぜひお迎えしてみてはいかがでしょうか?

知れば知るほど欲しくなる、そんな有難迷惑な魔力がトラピチェエメラルドには込められているので、お財布が軽くなること必至!その点だけはご留意くださいませ。
K18YG エメラルド ピアス