ダイヤモンドを購入する際に、ダイヤモンドの品質と価値を決定する4つのCグレード(カラット(Carat)・カット(Cut) ・カラー(Color) ・クラリティ(Clarity) )。
本音を言えば、「そのすべてにおいてパーフェクトなダイヤモンドを選びたい!」
と思ってしまうところですが、すべてを優先するととんでもない金額に。
「予算内の4Cに拘り過ぎたことで、カラットを犠牲に…その結果、ジュエリーとしての見栄えを損ねてしまう」なんて事態にもなりかねません。
この記事では、個人的にダイヤモンドを選ぶ際に重視しているダイヤモンドの選び方についてご紹介していきたいと思います。
宝石に重視する点は個々人の価値観や考え方によっても、変わってくることと思いますが、ダイヤモンド選びの一例として参考にしていただけたら嬉しいです。

4Cについて簡単におさらい!

ではまず4Cについて簡単におさらいして参りましょう!
・カラット
ダイヤモンドの重さです。
1.0カラット=0.2gと規定されています。

・カット
ダイヤモンドの輝きを決めます。
ダイヤモンドのプロポーションとシンメトリー(対称性)・ポリッシュ(研磨)といったフィニッシュの2つの要素から総合的に判断され、完璧に近いほどに光の反射効率が最大となり、眩く輝きます。

・カラー
ダイヤモンドの色を判定する項目です。
無色透明(D~Z評価の内D)に近いほど、評価が上がります。

・クラリティ 
ダイヤモンドの透明度です。
ダイヤモンドは天然石なので、内部に気泡や内包物、傷などが混入しているものも少なくありません。
こういった内部の物質や傷が多いと、透明度が下がり曇りやダイヤのもろさなどに繋がります。

おすすめのダイヤモンドの選び方:4Cの優先順位

4C 基準は、国際的な評価基準なので、ダイヤモンドを選ぶ際の参考にするためにある程度の参考になるものです。
とはいっても、すべてを優先することは予算的にもとてもむずかしいため、4Cのバランスを考えながら購入することが納得のいくダイヤモンド選びのポイントに!
「4Cのうち、何を優先順位にして考えればよいですか?」というご質問も多いです。
結論から言いますと、「私の場合ですが、重視して選ぶのはカラットとカットです」とご案内しております。
少し意外と思われた方もいらっしゃるかもしれません。その理由をご紹介します。

ブリリアンシー(輝き)を左右するのはクラリティよりもカット!

ダイヤモンドの輝き、ブリリアンシーはダイヤの傷や内放物によって阻害されてしまうようなイメージが強くありませんか?
確かにあまりにクラリティが悪いものは輝きを左右します。
ですが、傷や内放物を目で確認できないようなレベルであるVS(10倍の拡大で発見が少し難しい欠点がある)であれば、ブリリアンシーにあまり左右せず、実際一昔前まではこのクラスまで無傷として同じ価格が付けられていました。
さらにランクが下がるSIクラス(10倍の拡大で発見できるが肉眼では発見できない)でも、ものによってはブリリアンシーを損ねない品も少なくありません。
だからこそ、クラリティ以上に輝きを左右しているのが、実はカットなのです。
カットが優れていれば、ダイヤモンドの反射がアップして、ブリリアンシーはアップします。
なので、クラリティよりもカットを優先するということが、美しいダイヤを選ぶ1つ目のコツになると考えています。

カットと同様に重視したいカラット

ダイヤモンドの美しさはカラーで決まる!
と言った印象も強いですが、実はダイヤモンドのカラーはD~F(無色)、Gまでであれば、隣においてよくよく見比べなければほとんど色の違いが分かりません。
続いてグレードダウンするH・IはD~Fランクのものと隣り合わせにすると、若干イエローがかっているのが分かる程度です。
単品で見るには、十分に透明に見える色合いですよ。
このように、カラーが鑑定書で1~2ランク下がったとしても、見た目の美しさは変わりません。
カラーの1ランクごとにダイヤモンドの価格が1割ほど変わってくるため、目でみてカラーであまり気にならないようであればカラーを少し下げてでも大粒のダイヤモンドを購入した方が見栄えの良いダイヤを購入できる可能性が高くなります。

お店の中の光だけで見ないことも大切

ダイヤモンドの輝き具合はお店の照明と太陽光では違って見えることもしばしば。
お店の人にお願いをして、自然光の下でもダイヤモンドの輝きを確認することで、「購入してみたら輝き方が違う」といったミスマッチを防げます。

運命のダイヤモンドを見つけるには直感も大切に♪

ダイヤモンドの鑑定は、鑑定者の目によってグレードを決めていきます。
鑑定者の主観が少なからず反映されるため、評価結果が鑑定期間や鑑定者によって変わることも珍しくないのです。
だからこそ鑑定書の4Cを過信しすぎずに、ご自身の目で美しいと思えるのか、心惹かれると思えるのかをぜひ確認してください。
実際に4Cがほぼ同じグレードのダイヤモンドでも、驚くほどに輝き方、透明感、表情が違うものもあります。
一生もののダイヤモンドをご購入の際には、ルースを目でみて確認してからご購入されることをおすすめしたいです。

大満足のダイヤモンドジュエリーを手に入れよう

ジュエリーショップROLAでは、多数のダイヤモンドジュエリーを取りそろえております。
美しさにこだわり抜いたダイヤモンドに、上品で繊細なオリジナルデザインで大好評!
記念日・誕生日・ご自身へのプレゼントに、いかがでしょうか?

・大小Wのダイヤモンド使いとミル内枠で、輝きが相乗的に増す1品。
控えめながら煌びやかなデザインに仕上げました。
K18YG ダイヤモンド ネックレス

・カジュアルからオフィスシーンまで幅広く愛用できるシンプルで上品な1粒ダイヤのロングセラー。
K10YG ダイヤモンド ネックレス