雑誌でモデルさんが着けているネックレスが欲しくて購入したけど、自分が付けると何かイメージが違った…という経験はありませんか?

それは、同じデザインのネックレスを付けても、人の体型や首の太さによって、印象が変わることがあるからです。

自分に似合うネックレスの選び方を知っていると、服とのコーディネートの幅が広がって
洗練された印象を演出できますよ。

そこで今回は、体型や肌の色に合わせた自分に似合うネックレスの選び方をご紹介します。

「ネックレスをたくさん持っているけど、いつも同じものばかり付けてしまう…」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分に合うネックレスの選び方

ネックレスを選ぶときは、デザインや色を見て直感的に選ぶ方が多いかと思います。

もちろん、パッと見たときに「素敵!」「キレイ!」と思ったものから選んでも問題ありません。

しかし、ネックレスは身に着ける人の首の太さや体型によって印象が変わるので、どんなタイプが自分に似合うのかを知っておくことも大切です。

相性の良いネックレスを選べば、全体のバランスが良くなり、オシャレ度をアップすることができますよ。

では早速、自分に合うネックレスの選び方をみていきましょう。

体型や首の太さ・長さに合わせてネックレスを選ぶ

人によって首が太い人・細い人、首が短い人・長い人、とそれぞれ体型が異なるので、
似合うネックレスのタイプが変わります。

ここからは、体型や首の太さ・長さに合わせたネックレスの選び方をみていきましょう。

首が太めで短い方に似合うネックレス

・縦長を強調するロングネックレス
・首を長くシャープに見せるプリンセスタイプ
・ヘッドは大きめ
・適当なチェーンの長さは約45〜50cm
K10YG ハッピースイングスター ネックレス

首の太い人は、長めのシルエットがきれいなプリンセス型が一番似合います。

なるべく縦のラインを強調させるとスッキリした印象になるので、チェーンも長めを選びましょう。

ゆったりとした縦長のシルエットは首をほっそりと見せてくれる効果があるので、全体のバランスが良くなります。

首が太くて短い方が避けたいタイプは、首が詰まって見えるチョーカータイプです。

その他にも、極細のチェーンに華奢なヘッドが付いた繊細なデザインは、首周りにぴったりしてしまい苦しそうな印象になるのでNG
です。

太いチェーンのゴツめなボリュームのあるデザインも首の短さをより強調することになるので、避けたほうが無難です。

首が細めで長い方に似合うネックレス

・短めのチョーカーでボリュームを出す
・大ぶりなコスチュームジュエリー
・重ね付けタイプのデザイン
・プリンセス型とマチネ型を合わせたデザイン
K10WG アミュレット 7色 ネックレス

首が細めで長い方は、首周りにボリュームを出すようにすると全体のバランスが良くなります。

大きめのベッドが付いたチョーカータイプや
大ぶりなコスチュームジュエリー、パールの重ね付けネックレスなどでボリュームを出すと華やかになります。

首が太くて長い人に似合うネックレス

・大ぶりで派手なデザイン
・ロングチェーンタイプ
・大柄のコサージュが付いたパーティー用ネックレス
・ゴツいユニセックスタイプ

首が太くて長い人は、インパクトのある大ぶりのネックレスが一番似合います。

ネックレスの迫力に負けない土台を持っているので大ぶりのチェーンやコサージュ、ヘッドが付きのネックレス、重ね付けも似合うタイプです。
心葉 ブラックダイヤモンド クロスネックレス K10

首が細くて短い人に似合うネックレス

・華奢なデザイン
・極細チェーン
・ベビーパールや淡水パール
・小ぶりなペンダントヘッド
・小さなモチーフ系のヘッド
Pt900/Pt850 ダイヤモンド 一粒 ネックレス

首が細くて短い人は、繊細なデザインのネックレスが似合います。

極細チェーンでヘッドは目立たないくらいの小さな一粒ダイアモンドやパールなとがおすすめ。

太めのチェーンやプレートタグなどのゴツいデザインは首に対して迫力負けしてしまうのでNGです。

どうしても華やかさを出したいときは、細いチェーンの重ね付けを試してみてください。

ボリュームのあるチョーカータイプや大きなヘッドのネックレスは、首だけが目立ってバランスが悪くなるので、避けたほうが良いですね。

肌の色に合わせてネックレスを選ぶ

首の太さや長さだけでなく、肌の色によっても似合うネックレスが変わります。

一般的に黄味がかった日本人の肌の色はゴールドが似合うと言われています。

ここからは、色白の方、色黒の方などを意識した選び方をみていきましょう。

日に焼けた肌・色黒の方に似合うネックレス

・ハッキリした色合いのゴールドやオニキスの黒
・サファイヤブルー、ガーネットの赤、ルビー
・紫系統のアメジストやタンザナイト
・シルバーよりもゴールド系

日に焼けた肌・色黒の方の方は、インパクトのあるハッキリした色合いのゴールドや黑、
赤や紫の石を選ぶと、全体の印象を引き締めて魅力がアップします。

色白の方に似合うネックレス

・ピンクゴールド、ホワイトゴールド
・石は淡い色味のクリアやピンクトルマリンやアクアマリンブルー
・イエローゴールドよりもホワイトゴールド
・シルバー系のアクセサリー

色白の方に似合うのは、淡い色合いや白に近いホワイトゴールドなどが挙げられます。

アクアマリンやピンクトルマリンは柔らかい印象を引き出してくれるので、女性らしい繊細な美しさを表現できます。

まとめ

今回は、体型や首の太さや長さ、肌の色に合わせたジュエリーの選び方をご紹介しました。

ネックレスには様々なデザインがあり、つい直感で選んでしまいがちですが、本当に自分に合ったネックレスを選ぶことが大切。

ネックレスを正しく選ぶことができたらオシャレ度もアップして、コーディネートもしやすくなるので一石二鳥です。

ぜひ、今回の選び方を参考にして頂いて、自分にピッタリのネックレスに巡り合ってくださいね。