ターコイズは小さな小さな結晶の集合体

ほとんどの宝石は結晶に属します。結晶の身近な例として水晶が挙げられます。水晶の原石は六角柱状の形をして平らな面で囲まれています。この平らな面で構成されていることが結晶の大きな特徴です。
一方、ターコイズは結晶なのですが、極めて小さな結晶の集合体です。この集合体は特別に「潜晶質(せんしょうしつ)」と呼ばれています。潜晶質のターコイズは一定の形で産出することはありません。平らな面で囲まれることはありません。不定形で産出するのです。

右の写真はターコイズの原石の産出状態を示しています。(写真出所:GIA)
写真の青色の部分がターコイズで、周りの黒色や褐色の個所は岩石です。写真のように青色のターコイズは不定形で形が一定していません。周りの岩石の中に入り込んでいます。

このようにターコイズは岩石の中に入り込んで、脈状や塊状で産出します。脈状の細い個所では厚さが1ミリ以下です。塊状はかなり巨大なものもあります。数十キログラムになることもあります。外形は不規則、不定形です。

不思議な形のターコイズはどうして生まれる?

この不定形のターコイズを母岩から切り出して、ルース(裸石)に仕上げます。ターコイズは不透明で硬度が低く、脆(もろ)い性質を持っているので、通常はオーバル・カボッション・カット(楕円状山形形状)にされます。

このカット・スタイルの模式図は右図の通りです。右上図は上面図です。上から見た図です。楕円形状になっています。右下図は側面図です。横から見た図です。山形になっています。
サイズの小さいターコイズでは、ラウンド・カボッション・カット(円形山形形状)が市場で見られます。

この他の形状としてビーズ、球状もあります。イアリングやピアス、ネックレス、ブレスレットなどに使用されています。さらに産出した状態の不定形を活かして、独特の不定形に研磨、加工されることもあります。
ターコイズは硬度が低いので加工が容易です。彫刻し易い石です。動物や植物を彫刻したターコイズも作られています。しかし、ターコイズは脆い性質を持っているので、外形を鋭利に彫刻することは無理です。鋭利にすると、日常の使用で尖端部が破損する危険性が高いです。
自然で産出するターコイズの中には不思議な形をしたものもあります。貝やカエルの形をしたターコイズも希に産出します。これは貝やカエルなどが地中に取り込まれ、化石化した後、ターコイズの成分を含んだ水溶液が化石成分と入れ替わったと考えられています。

ターコイズの網目模様に魅せられる

ターコイズの原石を研磨すると、褐色や黒色の模様が見られる場合も多いです。その模様は独特の形をしています。網の目のように見えたり、クモ(蜘蛛)の巣に見えたりします。

ターコイズ本体に見られる独特のこの模様は、スパイダー・ウェブと呼ばれています。スパイダーはクモ、ウェブは巣の意味です。右の写真は通常のターコイズ(手前)とスパイダー・ウェブ・ターコイズ(奥側)を示しています。(写真出所:GIA)

良質のターコイズは全体が均質な青色、その青色はロビンの卵の色、またはスカイ・ブルーの色と言われています。
世界の多くの国では、均質な青色をより高く評価しています。しかし、アメリカではスパイダー・ウェブ・ターコイズを好み。高い評価を下しています。
確かにスパイダー・ウェブ・ターコイズは、自然が創り出した独特の形、模様です。個性あふれる模様にアメリカの人々は魅せられているかもし
れません。

右上の写真のスパイダー・ウェブ・ターコイズは石畳のような外観です。(写真出所:GIA)右下の写真もスパイダー・ウェブ・ターコイズですが外観はかなり異なります。(写真出所:Gem Rock Auctions)

日本の宝飾品を販売する現場において、時に次のような質問をされる顧客が居ると聞いています。「ネットが入ったトルコ石と入っていないトルコ石はどちらが良いのですか?どちらが高価なのですか?」という質問です。
最終的には顧客の好みによりますが、日本では一般的に全体が均質な青色が好まれ、かつ価格も高いといえます。
自然に産するスパイダー・ウェブ・ターコイズは実に様々な形、模様をしています。個々のスパイダー・ウェブを観察すると、角張った青色の大小の粒が寄せ集められたような感じです。
さらには全体が黒色で占められ、青色部がわずかに点々と見られるスパイダー・ウェブ・ターコイズもあります。
ターコイズが産出する地域の自然環境(岩石の種類、状態など)に大きく影響されるものと思われます。
アメリカのアリゾナ州にある二つの鉱山、スリーピング・ビューティ鉱山とキングマン鉱山でもターコイズの外観が異なります。前者ではスパイダー・ウェブが少なく、均質です。後者ではスパイダー・ウェブが顕著です。
独特な形状、模様を示すスパイダー・ウェブ・ターコイズは、マトリックス・ターコイズとも呼ばれています。マトリックスとは英語で母岩のことです。日本ではネット入りトルコ石あるいは網入りトルコ石とも呼ばれています。
スパイダー・ウェブ・ターコイズは、ターコイズの本体に母岩の一部の鉱物(褐鉄鉱など)が入り込んで、大自然が複雑な形、模様を創り出したものです。