ここ数年で日本の秋のイベントとしてハロウィンがグッと身近なものになりました。
ハロウィンといえば、少し前までは子どもたちがかわいい仮装で「トリックオアトリート!」の掛け声とともに大人たちからお菓子をもらうイメージでしたよね。ですが今では子どもだけのイベントではありません。大人たちもしっかり仮装してゾンビメイクを楽しむなどそれぞれの世代に合わせた楽しみ方が提案されています。
また仮装はちょっと…と感じてもディスプレイなどで雰囲気を楽しんいる人も多いのではないでしょうか。その中から今回はハロウィンディスプレイを代表するジャックオーランタンについてまとめてみました。

10月初旬ごろからディスプレイを楽しむ家庭が増えている

毎年秋になるとハロウィンの話題が出てくるといった感じで、いつがハロウィンか答えられる人は少ないかもしれませんね。厳密には年に関わらず10月31日がハロウィンとなっています。ですが日本ではその前の土日にイベントが開催されるなど都合に合わせて設定し自由に楽しむイベントとなっているようです。またディスプレイになるとクリスマスのように1か月ほど前から楽しむご家庭が多いようですね。オーナメントやガーランドなどあらゆるグッズをあちこちで手に入れることができます。
モチーフは黒、オレンジや紫をベースにカボチャやゴーストが一般的ですがそのほかに黒猫や魔女などもたくさん展開されていて、赤やグリーンがベースのクリスマスとはまた違った雰囲気を作り出すことができます。

ジャックオーランタンって何?

それでは「ジャックオーランタン」というハロウィンならではのモチーフはご存知でしょうか。言葉にするとわかりにくいですが、きっと一度は目にしたことがあるかと思います。カボチャに顔が付いたもののことですね。しかし顔があるカボチャといっても正式には描かれたものではありません。カボチャに顔のパーツを形どり刃物でくり抜いたもののこと。ランタンとよばれるだけあってその中に火を灯すとグッと本格的になります。
日本でいうところの鬼火、火の玉のような感覚のものでしょうか。ハロウィンとジャックオーランタンを結び付ける民話なども残されていて歴史を感じます。昔からヨーロッパを中心に親しまれているイベントなのです。

ジャックオーランタンの作り方

実はジャックオーランタンを作るのはそれほど難しくはありません。材料も簡単に手に入るものばかり。ぜひ一度トライしてみませんか?
用意するものはカボチャ、ナイフ、光源となるもの、スプーン、マジック。基本的にはこれだけあればOK!観賞用カボチャは道の駅などで手に入ります。

  1. カボチャにマジックで顔を描く…なるべく直線を利用した表情のほうがカットしやすいですよ。
  2. カボチャの中身をくり抜くために頭の上の方を落とす…最後には落とした部分ものせるので丁寧に切り落としましょう。
  3. 中のわたや種をしっかりと掻き出す…スプーンや手などを使ってしっかり出しましょう。残っているとカボチャの傷みが早くなってしまいます。
  4. マジックで描いたラインに沿ってナイフで切り出していく…マジックのラインよりひとまわり大きくカットしましょう。
  5. しっかり乾燥させる…乾燥させすぎるとひび割れてくるので注意が必要ですが、水分が残りすぎてもカビが生えやすいので気を付けましょう。
  6. 中にLEDライトなど光源となるものを仕込む。

手順はこれだけ。スプーンや手を使って掻き出すのは小さな子供でもできる作業です。家族でワイワイ楽しみながら作るのもいいですね。

ジャックオーランタンの楽しみ方

やはり本物ならではの雰囲気は別格です。今や手軽に飾り付けを手に入れることはできますが、手作りならではの良さはやっぱり何物にも代えられません。その表情もなんとも味のあるものです。ぜひいっぱい写真に収めてくださいね。
ただひとつ注意したい点は、やはり本物のカボチャを使用しているとあって傷みやすいところ。いくらしっかり乾かしたといっても置き場所などによってはくり抜いた内側があっという間にカビてしまいます。カボチャといっても口にするものではないのですが、長く飾っておけるものではないと割り切りましょう。パーティーなどに合わせるなら前日か少なくとも数日前に作ることをおすすめします。あるいは夜の仮装に合わせて昼間ジャックオーランタンをみんなで作るのもいいですね。

完成したジャックオーランタンの前で家族そろって記念撮影!その際にはみんなで思い思いの仮装を楽しむのもステキです。仮装までいかなくても耳元にさりげなくハロウィカラーのアクセサリーが輝いていると本格的なジャックオーランタンと相まってセンス抜群!ちまたにあふれるハロウィンの雰囲気とはまた違った演出になること間違いなしですよ。
K18YG マンダリンガーネット ピアス

ジャックオーランタンのようなオレンジ色がキュートなマンダリンガーネットのジュエリー。明るく前向きな気分になれるようなカラーは、大人になっても流行に乗ってイベントを楽しむパワーある人にピッタリ―のカラーです。適度な大きさと肌馴染みもよいカラーで普段にも使いやすいのが嬉しいですね。